UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短いという特性があるので大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されまが、地表まで達したUV-Bは皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を壊すなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすことが明らかになっています。

ダイエットに没頭するあまり1日の総カロリーを抑える、食事を飛ばす、というような暮らしを続けると結果的に必要な栄養までもを不足させ、四肢の冷えを誘発していることは、多くの医療関係者が問題視されていることです。

アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、動脈硬化や脳梗塞などの様々な生活習慣病の合併症を起こす可能性が高いといわれています。

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP等3つの値で診れますが、特にここ2、3年肝機能が悪くなっている人数が明らかに増えているということが注目されています。

毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究によって、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、ワクチンを注射した約14日後からおよそ150日位だろうと考えられているようです。

細菌やウィルスなど病気を誘引する微生物、即ち病原体が口から肺に入り込んで感染してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と呼ぶのです。

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖、新陳代謝に必ず要るタンパク質など、度の過ぎた痩身ではこれらのような様々な活動を維持するために欠かすことのできない栄養成分までも欠乏させている