環状紅斑(かんじょうこうはん)は輪状、要は円い形状の紅い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚症状の総合的な病名ですが、理由は非常に様々だといえます。

脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が麻痺したり脚のむくみなどが典型で、病状が進行すると、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全なども誘引することがあるようです。

細菌やウィルスなど病気を生む微生物(病原体)が肺の中に入って発病してしまい、左右どちらかの肺が炎症反応を露呈している状況を「肺炎」と呼んでいるのです。

アルコールをクラッキングするという働きのあるナイアシンは、辛い宿酔に効きます。

不快な宿酔の根源物質だと考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の無毒化に関係しているのです。

AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名で、免疫不全を起こして些細な病原体による日和見感染やがんなどを併発してしまう症候群の事を指しています。

杉の花粉が飛散する期間に、お子さんたちが体温は異常ないのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻みずが出続けているような状況なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いかもしれません。
子どもの耳管の構造は、大人の耳管と比較すると太くて短めで、加えてほぼ水平になっているため、ばい菌が侵入しやすくなっています。

大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を発症するのは、この構造が関わっています。