陰金田虫(インキンタムシ)とは医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼び、かびの仲間である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの部分に感染し、定着してしまった病気の事であり即ち水虫です。

様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみなど)のせいで夜間よく眠れない場合、それが誘因で睡眠不足の状態になり、翌朝起きてからの行動性に良くない影響を与えることもあります。

抗酸菌のひとつである結核菌は、菌に感染した人が咳き込むことで外気に放り出され、空気中にふわふわ動いているのを他人が呼吸しながら吸い込むことで次々に感染します。

めまいが診られず、しつこい耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール氏病(Cochlear Meniere's Disease)」というような症例があるようです。

世界保健機関(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-Aの度を越した浴び過ぎは皮ふの病気を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日サロを使用することの禁止を広く世界各国に勧告中です。

薬やアルコール、合成着色料を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素によって分解し、無毒化する事を解毒と称しており、多機能な肝臓が果たす最も重要な務めの一つであることは間違いありません。
塩分や脂肪の大量摂取をやめて簡単な運動を心がけるだけでなく、ストレスの少ない毎日を続けることが狭心症の要因となる動脈硬化を予め防止するコツだといえます。