AEDというのは医療資格のない普通の人でも扱うことのできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの通りに手当することで、心臓が細かく震える心室細動の緊急処置の効き目を可能にします。

拡張期血圧90以上の高血圧が長い間続くと、全身の血管に強い負荷がかかった結果、身体中の様々な血管に障害が起こって、合併症を発症するリスクが拡大するのです。

四六時中横向きの状態でTV画面を見ていたり、片方の頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴を日常的に履いたりといった癖や習慣は身体の左右の均衡を崩してしまう因子になります。

緊張型頭痛というのは肩こりや首のこり、張りに誘引される日本人に多い頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重いような酷い痛さ」と言われています。

HMSの研究によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップよりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、驚くことに直腸がんの発生リスクを半分以上減らせたらしい。
平成17年以後トクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のキャッチコピーの表記が食品メーカーの義務となっている。
「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人体の中の脂肪が占有しているパーセンテージを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」という式によって把握できます。