環状紅斑とは何かというと輪状、すなわち輪っかのようなまるい形状をした赤い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総合的な病名であり、病因は正にいろいろだといえるでしょう。
脳卒中のクモ膜下出血はその8割以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳の血管にできるコブが破れる事が原因となってなってしまう命にかかわる病気だと認識されています。

「肝機能の低下」については、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、そしてγ-GTPなど3種類の数値で判断することができますが、最近では肝機能が悪化している方々が明らかに増えているということが分かっています。

悪性の腫瘍である卵巣ガンは、元来、人をがんから護る働きを持つ物質を生み出すための型である遺伝子の異常が原因で発病すると言われています。

一旦永久歯の周囲のエナメル質を溶かすまでに拡大してしまった歯周病は、悲しいことに進行具合が治まることはあっても、なくなったエナメル質が元の量に戻るようなことは無いということを頭に入れておいてください。
もし婦人科の検査で残念ながら卵胞ホルモンなどの分泌量が足りなくて早発閉経(そうはつへいけい)と判明した場合は、不十分な女性ホルモンを補てんする医術などで緩和することができます。

めまいは出ないのに、しつこく不快な耳鳴りと難聴を何度も発症する症例を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエル病」という病名で呼ぶことも多いそうです。http://www.admin-bg.infoを見て、多汗症について勉強してみるのも一つの方法だと思います。